ウィリアムヒル(William Hill)オンラインカジノの評判は?違法or安全?出金できるカジノ?

ウィリアムヒル(William Hill)とは

日本で賭博をすると逮捕される可能性があるため怖くて手が出せなかったが、海外のサーバーを利用すれば逮捕されることはないと聞きオンラインカジノを始めることとなった。

ウィリアムヒルでは様々なゲームがあり、スロットだけではなくブックメーカーと呼ばれるスポーツの賭けもできたためすごく楽しめます。

ウィリアムヒル(William Hill)はスポーツベットが楽しめる

私がよく利用していたゲームはバスケットボールの得点が何点を超えるか超えないかの二択のゲームで、オーバーアンドアンダーと呼ばれるものだった。このゲームの楽しさはライブベッティングと言って、試合の途中でも賭けることが出来、地域によれば試合の中継を見ながら賭けができることに最大の魅力がある。

私はバスケットには多少詳しく、このライブベッティングでは第4ピリオドの最初まで賭けをできるので第3ピリオドの終わりまでじっくり試合の流れを読み、賭けをしていたので私はこのゲームで負けることはほとんどなかったです。

オッズは1.75と決まっていたのでかけたらかけた掛け金の0.75倍は設けていたのだった。試合も見れて、お金も増える感覚は私を廃人にしかけたんですが、私がかけていた試合のすべてはNBAと呼ばれるアメリカのバスケットボールの組織の大会であるため、NBAのシーズン以外ではスロットやカードゲームを行っています。

スロットやカードゲームではスロットはあまり楽しくなかったが、カードゲームはなかなか楽しかった。
カードゲームもいろいろあって私が特にやっていたのはブラックジャックであった。様々なゲームがあるが、とてもシンプルであり、わかりやすくなおかつ一回のゲームの時間も少ないし、掛け金の最少額も少なかったので長く楽しめた。また同じブラックジャックでもコンピューターと対戦するブラックジャックもあれば、ライブブラックジャックと言って実際のカジノクラブの映像を見ながら賭けをディーラーとすることもできるのだ。

ディーラーとの対戦では相手は小細工が出来ず、対戦相手が生で見れるため臨場感がすごくまるでその場にてブラックジャックをしている感覚があった。
ただしこのライブブラックジャックでは掛け金の最低額が大きいためすぐに資金繰りが苦しくなってしまうためなかなか長くプレイすることが出来なかった。だから長く楽しみたいときはライブではなくコンピューター相手で少額でコツコツプレイするのが楽しむコツだと思う。

↓KACHIDOKIの登録はこちらから↓

kachidoki公式ページへ ↑画像をタップすると公式サイトへ移動↑

登録方法 口コミ 大祭り ボーナス 換金方法

特集>>KACHIDOKIは本当に稼げるカジノ?

The following two tabs change content below.

ギャンブルソムリエ

元々僕はパチスロが大好きで良くホールに行ってたんです。ここ数年でハマったのはパチスロ化物語。あまりにハマりすぎてアニメまで見る始末(笑)